So-net無料ブログ作成

コレステロールについて誤解している人が多い

急にコレステロール値があがってしまったのは更年期のせい?

女性の場合、更年期を迎えるころから少しずつコレステロール値があがる傾向がみられます。コレステロールの
上昇を抑える作用のある女性ホルモンが減少することが原因です。

だた、一般に女性は男性に比べて動脈硬化が進みにくく、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞になるリスクも低いので、更年期以降nコレステロール値が少しぐらいあがっても、それほど心配する必要はありません。

今後は生活習慣を見直すととtもに定期的に検査を受けて様子をみていくといいでしょう。また、動脈硬化を促進させる高血圧や糖尿病といったほかの危険因子にも注意しなければなりません。

やせているのに総コレステロール値が高く、特にHDLコレステロール値が高め

「善玉」と呼ばれる「HDLコレステロール」の値が高いために、総コレステロール値が基準値より高くなることがあります。この場合、「悪玉」 と呼ばれるLDLコレステロール」の値が基準値以下であれば、あわてて薬で治療する必要はないと考えます。

高脂血症の診断では、特にLDLコレステロール値が重視されます。検査結果に記載されていない場合は、計算して求め、診断基準に当てはめてみましょう。

また、治療が必要かどうかは、これらの数値だけでなく、高血圧や糖尿病などほかの危険因子の有無によっても違ってくるので、医師とよく相談してください。

家庭性高脂血症ですが薬の服用は必須でしょうか?

遺伝的な要因でコレステロール値が高くなる「家族性高脂血症」の場合、若いころから動脈硬化が進みやすいので、十分な注意が必要です。

生活習慣の改善も重要ですが、それだけではコレステロール値が下がらないケースが多いので、薬を使った治療が必要です。薬は、基本的にはずっとのみ続ける必要があるので、定期的に検査を受けて、薬の安全性をチェックすることも大切です。


コレステロールに関する記事一覧
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。